Jリーグブラジル人情報ブログ「BraJ」

Jリーグに在籍する、ブラジル籍選手の情報を中心にお届けします。

コロナの影響で!?Jリーグの飲水タイムとは?

f:id:BraJleague:20210704153828p:plain

 Jリーグは2020年シーズンより夏場のみならず1シーズン通して前後半の中盤に飲水(給水)タイムという時間を設けている。最近のJリーグではこの「飲水タイム」再開後に得点が動くケースが多く、両チームにとって非常に重要なタイミングとされている。今回はJリーグで導入されている飲水タイムについて詳しくまとめてみました。

www.brajleague.com

 

Jリーグの飲水タイムとは?

2020年から続く前後半途中の飲水タイムは2021年も引き続き継続して行われている。
Jリーグの飲水タイムにおける考え方としては以下2通り存在しており、今後も継続して適用されると思われる。

①2020年より導入された飲水タイム(コロナが影響)

Jリーグでは2020年より前半後半の途中にそれぞれ1度ずつの飲水タイムと呼ばれる水分補給をして休む時間を設けている。この前後半途中の飲水タイム、2020年よりなぜ設けられたかというと、コロナ禍において過密日程となってしまった選手への負担を考慮するという考え方と、(感染防止策として)飲水ボトルの選手間共有が不可となってしまった選手に対して、しっかり給水ができる時間を設けるという意味合いで設けられている。

②夏場の飲水タイム

いわゆる夏場の暑い時期に飲水タイムを設けるケースである。このケースは2020年以前からもJリーグでは導入されており、WBGT値と呼ばれる暑さ指数に対して基準を超えている場合は前後半途中に飲水タイムを行うこととなっている。
※WBGT値:気温、湿度、日射・輻射などの周辺熱環境を総合して計測する暑さ指数。

●適用対象となる大会
2021明治安田生命Jリーグ
2021 JリーグYBCルヴァンカップ
ゼロックススーパーカップ2021

飲水タイムの時間は?

飲水タイムは前半(45分)後半(45分)それぞれ1度ずつの計2回設けられており、だいたい45分間の半分が経過した23分~25分の間でアウトオブプレー(ボールが出た)のタイミングで行われるケースが多い。飲水タイムの時間としては約1分~2分ほどとなっている。

飲水タイムはいつまで続くの?

理事会が2021年1月28日に出した、「試合実施・大会ルール」についての発表によると、7月末までの実施となっている。

・2021年7月末までの実施とし、8月以降についてはその時点の状況に鑑み再検討する

いずれにしても、新型コロナウイルスの感染状況に合わせて運用することとなり、しばらくの間はシーズン通して飲水タイムは行われることとなりそうだ。

飲水タイム中の監督指示はNG?

JFA熱中症対策ガイドラインによると、「飲水タイム」に関しては、

・飲水タイムは30秒から1分間程度とし、主審は選手にポジションにつくよう指示してなるべく早く試合を再開する。

・飲水タイムは、あくまでも飲水のためである。

とされている。

一方でJリーグには適用されていないが、「Cooling Break」と呼ばれる約3分間の飲水タイムより長いタイムの場合、留意点の中には、

・戦術的な指示も許容する。

と記述されており、戦略的指示が可能な場合は明確に記述されているようだ。Jリーグの場合「Cooling Break」ではなく、「飲水タイム」の為、一時的な飲水の処置であり、戦略的指示は原則認められていないようにも感じる。

Copyright ©2020 Jリーグブラジル人情報サイト「BraJ」 All rights reserved.
お問い合わせ
プライバシーポリシー