Jリーグブラジル人情報ブログ「BraJ」

Jリーグに在籍する、ブラジル籍選手の情報を中心にお届けします。

アルビレックス新潟に加入したグスタボ ネスカウとはどんな選手?(プレー集あり)

 

グスタボ ネスカウについて

アルビレックス新潟が獲得した、グスタボ ネスカウは高さが持ち味の189cmの大型センターフォワード。

グスタボ ネスカウはブラジルのサンパウロ州選手権(3部)を戦うマリリアユース出身の選手で、2020年にトップチームへ昇格した。デビュー初年度は、コパ・パウリスタというサンパウロ州のカップ戦を中心に出場機会を得ると14試合で8ゴールを記録し、コパ・パウリスタの得点王を獲得していた。ルーキーイヤーから結果を残すと、翌年はパウリスタ州選手権の主力選手として活躍。17試合7ゴールと2年目もコンスタントに得点を重ね、チームの中心FWとして活躍を見せていた。

マリリアでの活躍もあり、2021年シーズンからはセリエA(ブラジル1部)へ初昇格となったクイアバECへと加入。自身初となるブラジル1部リーグの挑戦となったがリーグ戦では出場機会に恵まれず、クイアバECのあるマットグロッソ州の「Copa FMF」という小さなトーナメントを中心に出場していた。しかしこの大会でも8試合で6ゴールとかなりのハイペースで得点を重ねていたようだ。

翌年の2022年シーズンからはセリエD(ブラジル4部)のサント・アンドレへとレンタルで加入。わずか2か月余りの在籍となったがパウリスタ州選手権で9試合1ゴールを記録し、2022年の4月から再び、クイアバECへ復帰した。新潟加入前にあたる昨シーズンは1年間を通して公式戦8試合1ゴールと出場機会を掴めていない中での新潟加入となった。

新潟では、恐らく4-2-3-1のワントップの起用が濃厚。ただし年齢も若く、ブラジル時代の数字を見る限りパフォーマンスにもムラがありそうなため、序盤はファーストチョイスではなくベンチスタートの可能性が高そうだ。

6年ぶりにJ1へ復帰した新潟を支える存在となれるか。ネスカウの覚醒に期待したい。

グスタボ ネスカウのプロフィールと経歴

名前:グスタボ ネスカウ(Gustavo Nescau)
本名:グスタボ・エンリケ・アウベス・シウバ(Gustavo Henrique Alves Silva)
国籍:ブラジル
生年月日:2000年3月12日
身長:189㎝
体重:90㎏
ポジション:FW(センターフォワード)

所属チーム
2020年–2021年 マリリア(ブラジル)
→2021年 クイアバEC(ブラジル)
2021年–2022年 クイアバEC(ブラジル)
→2022年 サント・アンドレ(ブラジル)
2023年 アルビレックス新潟 完全移籍加入

グスタボ ネスカウのプレースタイル

まさにセンターフォワードといった感じの選手で、189cmの伸長を武器とした空中戦、そしてヘディングの強さが最大のストロングポイントではないだろうか。

得点のほとんどが、頭でのゴールシーンが多く、とにかく空中戦にはかなり強い印象。セットプレーやサイド攻撃からヘディングで得点を重ねていたようだ。それから、プレー映像の中では、相手をしっかり背負えて攻撃の起点にもなっていたので前線のターゲットマン的な役割も新潟では担うことになりそうだ。

ブラジル時代はビッグクラブへの在籍歴こそ無いものの、デビュー初年度のように相性やコンディション次第では得点を量産する可能性も十分に秘めている。新潟ブランドのブラジル人なだけに何かやりそうな特別な期待(ワクワク)感が持てるのも事実。今シーズンより共に新潟に加わった、同胞のダニーロ ゴメスとの連携にも注目してみていきたい。

グスタボ ネスカウのプレー映像は下記より👇

グスタボ ネスカウのプレー動画


www.youtube.com

Jリーグにいるお友達

クレイソン(Vファーレン長崎)→クイアバEC時代(2021)
ダニーロ ゴメス(アルビレックス新潟)→クイアバEC時代(2021)

グスタボ ネスカウのインスタグラム

https://www.instagram.com/g_nescauoficial9/

Copyright ©2020 Jリーグブラジル人情報サイト「BraJ」 All rights reserved.
お問い合わせ
プライバシーポリシー