Jリーグブラジル人情報ブログ「BraJ」

Jリーグに在籍する、ブラジル籍選手の情報を中心にお届けします。

モンテディオ山形所属のデラトーレとはどんな選手?(プレー集あり)

 

デラトーレについて

Jリーグデビュー戦でおしゃれループゴラッソを含む2ゴールの活躍で山形サポーターに鮮烈な印象を与えたデラトーレ。町田へ電撃移籍したヴィニシウス アラウージョの後釜としても期待が高まるブラジル人ストライカーは、ブラジル以外にも欧州やアジア圏内でもプレー実績のある経験豊富な選手である。

キャリアのスタートは2010年当時パウリスタ州選手権2部に属するリオ プレトというクラブでプロデビューを飾るとその年にデスポルチーヴォ・ブラジルへ加入する。同クラブでは20未満の選手が参加する「コパ・サンパウロ」という大会で7ゴールを記録し、大会得点王を獲得。ストライカーとしての才能の片鱗を示す。

コパサンパウロでの活躍もあり、2011年には名門のインテル・ナシオナルへレンタル移籍を果たす。加入当初はユースカテゴリーに割り当てられていたがセリエA(ブラジル1部)でも中盤戦から徐々に出場機会が増え、最終的にリーグ戦11試合に出場していた。

2012年からはポルトガル1部の名門FCポルトへ移籍。ポルトでは主にBチームでプレーし、公式戦では36試合11ゴールとエースFWとして活躍。しかしトップチームでの出番は叶わぬまま、2013年からはブラジル1部のアトレチコパラナエンセへと完全移籍で加入する。パラナエンセ移籍初年度は公式戦31試合に出場し5ゴール5アシストと結果を残すとシーズン終了後には再び欧州はイングランド2部のQPRへ移籍。怪我の影響もあり、こちらもトップチームでの出場が叶わぬままわずか半年の在籍期間を経て再びアトレチコパラナエンセへ加入する。パラナエンセでは約3シーズンにわたりプレーしたが、公式戦70試合10ゴールとチームの中心選手として活躍していた。

ここまでブラジルと欧州でプレー経験を積んできたデラトーレだが、2016年に移籍したタイリーグのスパンブリーでさらにFWとしてブレイクすることとなる。2016年にタイリーグ1部のスパンブリーへレンタルで加入すると、移籍初年度には26試合10ゴールを記録。翌年にも22試合14ゴールを記録しゴールゲッターとしての才能が開花。在籍した2シーズンで48試合24ゴールの活躍で2シーズン連続でチーム内得点王となっていた。ちなみに2017年にはタイで行われたJリーグ主催のプレシーズンマッチで鹿島アントラーズから2得点を奪っている。(0:12と0:42にデラトーレの得点シーン)


www.youtube.com

2018年からはキプロスリーグのAPOELでもプレー。移籍初年度には2桁得点を記録するなどコンスタントな活躍を見せる。2019年には再びスパンブリーへの移籍を経て、2020年より母国のGEブラジウに復帰。26試合に出場するも3ゴールと苦しむが、2021年に移籍したCSAでは公式戦52試合24ゴールとエースFWとして活躍。直近の2022シーズンではアトレチコゴイアニエンセでプレーし、9試合2ゴール2アシストをマークしていた。

山形では、第9節の秋田戦から出場しておりここまで2トップの一角でプレー。途中出場が多い中で1試合当たりのシュート数も多く、Jリーグのプレーに慣れてくればゴール量産にも期待がかかる。

デラトーレのプロフィールと経歴

名前:デラトーレ(Dellatorre)
本名:ギリェルミ・アウグスト・アウヴェス・デラトーレ(Guilherme Augusto Alves Dellatorre)
国籍:ブラジル
生年月日:1992年5月1日
年齢:30歳
身長:181㎝
体重:79㎏
ポジション:FW(センターFW、左右ウイング)

所属チーム
2010年 リオ・プレト(ブラジル)
2011年-2013年 デスポルチーヴォ・ブラジル(ブラジル)
→2011年-2012年 インテルナシオナウ(ブラジル)※期限付き移籍
→2012年-2013年 ポルトB(ポルトガル)※期限付き移籍
2013年-2016年 アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)
→2014年 QPR(イングランド)※期限付き移籍
→2016年 スパンブリー(タイ)※期限付き移籍
2017年 スパンブリー(タイ)
2018年-2019年 APOELニコシア(ギリシャ)
2019年 スパンブリー(タイ)
2020年 ミラソウ(ブラジル)
2020年-2021年 GEブラジウ(ブラジル)
2021年 CSA(ブラジル)
2022年 アトレチコ・ゴイアニエンセ(ブラジル)
2022年 モンテディオ山形

デラトーレのプレースタイル

ボックス内で強さを発揮できる選手といった印象。
最大の特徴はポジショニングの良さではないだろうか。特段、ドリブルがうまいとかスピードがあるといった感じではなく、マークの剥がし方やスペースの作り方がうまく、クロスボールへの反応、抜け出し、シュート技術も兼ね備えたストライカーというイメージ。
映像にもあるように足、頭と様々な得点パターンもあれば、見方を使うプレーもうまくゴール前で決定的な仕事ができる選手のように感じる。デビュー戦で見せたループシュートからJ2でゴール量産となるか。山形の新エースに期待したい。

デラトーレのプレー映像は下記より👇

デラトーレのプレー動画


www.youtube.com


www.youtube.com

Jリーグにいるブラジル時代のお友達

レアンドロ ダミアン(川崎フロンターレ)→インテルナシオナル時代(2011-2012)
クレーべ(横浜FC)→FCポルト時代(2013)
ブルーノ メンデス(セレッソ大阪)→アトレチコパラナエンセ時代(2014)
エジガル ジュニオ(V・ファーレン長崎)→アトレチコパラナエンセ時代(2015)

デラトーレのインスタグラム

https://www.instagram.com/guilherme.dellatorre/

Copyright ©2020 Jリーグブラジル人情報サイト「BraJ」 All rights reserved.
お問い合わせ
プライバシーポリシー